酵素ドリンクは買った方が自作するより得する?

酵素ドリンク(ジュース)ランキングのヘッダー画像 酵素ドリンク(ジュース)ランキングのヘッダー画像

酵素ドリンクは買った方が自作するより得する?

インターネットや本で調べれば何でも作り方が載っている時代です。体にいいという酵素ドリンクも、もちろん調べれば作り方が載っています。話題の酵素ドリンクを自宅で手作りできてしまうのです。

酵素ドリンクをランキングで見ても少々高めの価格になってますので、長く続けるためには財布と相談する必要もありそうです。酵素ドリンクを自宅で作れるものなら作ってしまった方が安くあがるのではないか?というイメージはありますが、実際はどうなのでしょうか。

酵素ドリンクは製造過程の中に発酵させる作業があります。発酵させる作業については、ワインや梅酒を作る過程と一緒なので作ることは可能です。しかし、手間が掛かります。市販の物はたくさんの種類の植物を使用して作られていますが、自作の物はそこまでの種類を使おうと思うと費用がかさみ、家計の痛手になります。

植物の種類が少ない=酵素の種類が少ないので期待以上の酵素の効果というものが得られないかもしれません。また、市販の物の発酵年数と自作の発酵年数は比べるとかなりの差になります。発酵年数でも酵素の数に差がでてしまいます。自作の場合には保存期間の問題にもあります。

自分で作る酵素ドリンクは、もちろん添加物のない新鮮な物ですから、保存期間が短く、場合によってはカビがはえる…なんてことも起こってしまいますが、味を自分好みに作ることが出来るのです。

酵素を取り入れることは長く続けることに意味があるので、この自分好みの味は大事なポイントになります。手作りの酵素ドリンクが市販に対抗する必要はないですし、自分だけの酵素ドリンクを作成して長く続けられれば得をしたということになりますね。

自作には自作のメリットがありますが、手軽に多くの酵素を取り入れる場合には、やはり市販の酵素ドリンクの方がメリットは大きいようです。





トップへ戻る