酵素が取れるレシピ

酵素ドリンク(ジュース)ランキングのヘッダー画像 酵素ドリンク(ジュース)ランキングのヘッダー画像

酵素が取れるレシピ

体に大事な酵素が手軽に摂取できるとして、酵素ドリンクが注目されています。飲み物として手軽に摂取出来るのはありがたいですが、あくまでも栄養補助食品です。日常生活の中でできれば酵素を取り入れたいものですよね。酵素は人間の体の中で作ることはできませんので食べ物、主に生の野菜から摂取するしかありません。

生の野菜というとサラダがぱっと頭に浮かぶと思います。しかし、毎日毎日、サラダサラダ…とサラダばかり食卓に並んでも飽きがきて食欲が湧いてこないと思います。

味噌や納豆・漬け物など発酵食品を食べることでも体に酵素を取り入れることは出来ますが、味噌をそのままたくさん食べることは難しいですし、漬け物も食べ過ぎると塩分の取り過ぎになってしまいます。そこで、酵素を取り入れる方法をみてみましょう。


酢豚にパイナップル

酢豚になぜ果物が入っているのか?と疑問に思った方も多いと思いますが、これはパイナップルの酵素が豚肉の消化・吸収を助けるため入っているのです。


フレッシュジュース

一番手軽なレシピです。リンゴやニンジンなどの野菜や果物をジューサーを使ってジュースにし、飲むことで酵素ジュースとして酵素を取り入れることができます。


大根おろしにポン酢

大根は脂肪やタンパク質の分解酵素を持っています。また、すりおろすことで酵素が活性化され、さらにお酢は酵素を活性化させる作用もあるため効果がアップする組み合わせになります。これをお肉や焼き魚にプラスすることで栄養素とともに補給できます。

数点あげましたが、他にも《トマトとネギのマリネ》《里芋と納豆のネバネバ納豆》と、野菜だけでなく酢も活用すれば料理の幅が広がります。野菜が毎日の食卓にあがるだけで、目でも美味しく食事を頂くことができます。





トップへ戻る